起業するにあたって

一歩踏み出すことができたら、起業はそれほど難しいことではないと思います。

起業したいと思えば、誰でもできます。

特別な資格や経験は特に必要ありません。

「なんで起業したいのか」「どういうビジネスを現実にしたいのか」「将来的にこうありたい」など、起業する目的をしっかり明確にすることが大事です。

 

起業する目的を達成する具体的なプランも必要です。

・ビジネスのアイデア

・ビジネスモデル

・顧客層の選定

起業する際は、「事業計画書」を作成することをお勧めします。融資の際にも必要になります。

起業して間もない時には、売上で経営を継続させる必要があるので、収益性を考えたビジネスプランを立てましょう。

 

 

【起業する方法】

・個人事業主として起業する

・法人(会社)設立をして起業する

・フランチャイズとして起業する

・M&A(後継者不足によるビジネス継承)

などがあげられます。

 

今日、株式会社は資本金1円から設立できますが、定款認証や登録免許税など実費がかかります。

また、融資を受ける場合には、ある程度の資本金が必要です。

 

自己資金が潤沢だと、融資に頼る必要はないかもしれませんが、

ビジネスを起動に乗せ継続させるには、ある程度気持ちのゆとりがあった方が望ましいと思います。

私自身、融資を受けたことによって選択肢が増え、消極的になることなくチャレンジすることができています。

 

あくまでも、起業はゴールではなくスタートです。すべて自己責任になるので、現時点でできることを確認することが大事です。着実に準備が進められるように、周囲に起業された知人がいらっしゃるのであればお話を聞いてみたり、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

桂行政書士事務所 お問合せ

 設立申請代行・アウトソーシング

 

 

 

Follow me!