建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムの概要

建設キャリアアップシステムとは、技能者の経験が蓄積されるシステムを構築し、システムの活用により技能者の能力や経験に応じた処遇を受けられる環境を整備し、将来にわたって建設業の担い手を確保することを目指す仕組みです。

登録された技能者へICカードを交付し、現場へ入場する度に、技能者の就業履歴情報として蓄積されます。

平成30年秋ごろに運用を開始し、開始後1年で約100万人の登録を目指し、5年を目途に全ての技能者の登録を目指しています。

技能者・事業者登録の申請は、建設業許可通知書などの証明書類を添えてインターネット、郵送、窓口等で行うことができます。申請手続きが完了すれば、資本金階層別に設定される年間のシステム利用料なども明確になるそうです。

建設キャリアアップシステム普及へ、日本建設業連合会がロードマップを作成

引用元:建設キャリアアップシステムの普及・推進に関する推進方策ロードマップ

Follow me!

One thought on “建設キャリアアップシステム

この投稿はコメントできません。