IT導入補助金2019

IT導入補助金の概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等は、自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートすることが目的です。

IT導入支援事業者

中小企業・小規模事業者等の生産性向上のために、ITツール(ソフトウェア・サービス等)の提案・導入及びこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」といいます。

IT導入支援事業者は、ITツールの導入を検討する事業者からの問合せに対応する等、IT導入補助金事業の周知活動に取り組みます。

IT導入支援事業者になるためには、事前に登録が必要です。

IT導入支援事業者 登録期間

新規登録期間…これまでにIT導入支援事業者として登録がない事業者

  • 募集期間(予定):2019年4月15日(月)~ 終了時期は別途
  • 登録申請方法:事務局HPにてIT事業者ポータルのアカウントを取得、登録情報の入力

移行登録…昨年度の事業で、IT導入支援事業者として採択されていた事業者が対象

  • 募集期間(予定):2019年4月15日(月)~ 5月末日
  • 登録申請方法:既存のIT事業者ポータルから、アカウントの更新と登録情報の移行を行う

IT導入支援事業者の登録形態

  • 法人(単独)
  • コンソーシアム(構成員の登録が必要)

補助対象となるITツールの概要

〇平成30年補正(2019年実施)IT導入補助金で補助対象となるITツールは、システム化が不十分な業務分野に導入されるソフトウェアと、関連するオプション、役務からなり、補助事業者の生産性向上に資するものです。これらは「ソフトウェア」、「オプション」、「役務」の3つに区分されます。

〇IT導入補助金で言う、「ソフトウェア」とは、オンプレミス版、クラウド版のパッケージソフトウェアとし、「業務パッケージ」「効率化パッケージ」「汎用パッケージ」の3種類からなります。

パッケージ種類内 容
業 務・一般顧客向けに、対象となる「業種」「業務範囲」「業務機能」等、仕様を明確に定義して開発された製品。
・業務パッケージは、以下の8つの業務プロセスに対応し、特定の業務機能をシステム化するソフトウェアとして、補助金の主体となります。
【業務プロセス】
P-01 顧客対応・販売支援
P-02 決済・債権債務・資金回収管理
P-03 調達・供給・在庫・物流
P-04 人材配置
P-05 業務固有プロセス(実行系)
P-06 業務固有プロセス(支援系)
P-07 会計・財務・資産・経営
P-08 総務・人事・給与。労務
効率化・特定の業種や業務に使用が限定されず、複数システムの高度な連携・自動化を制御する製品や、解析・分析の機能を持つ製品等、独立したパッケージ。 (作業工程分析等)
汎 用・特定の業種や業務に使用が限定されず、広い業務に適用できる独立したパッケージ。
(グループウェア、文書管理等)

〇 ソフトウェアは、各業種における全業務共通で、「業務プロセス」及び「効率化プロセス」「汎用プロセス」(10要素に大別)のいずれかに対応することになります。

プリセス項目要 素
業 務P-01 顧客対応・販売支援
P-02 決済・債権債務・資金回収管理
P-03 調達・供給・在庫・物流
P-04 人材配置
P-05 業務固有プロセス(実行系)
P-06 業務固有プロセス(支援系)
P-07 会計・財務・資産・経営
P-08 総務・人事・給与・労務
効 率効P-09 自動化・分析
汎 用汎P-10 汎用

〇 補助金の申請額に対して、A類型・B類型の2種類があります。

□A類型… 1つ以上の業務プロセスが選択され、合計3プロセス以上が含まれる。

□B類型… 3つ以上の業務プロセスが選択され、合計5プロセス以上が含まれる。

項目/類型A類型B類型
公募期間 2019年5月27日(月)~ 2019年6月12日(水) 2019年5月27日(月)~ 2019年6月28日(金)
採択予定日2019年6月26日(水)2019年7月16日(火)
補助額
(購入金額の1/2)
上限:150万円 
下限:40万円
上限:450万円
下限:150万円
  • 補助対象者…中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)
  • 補助対象経費…ソフトウェア費、導入関連費

Follow me!