シェーカー ~ソムリエ行政書士のお酒ブログ~

 

 

シェイク

cocktailを造る方法の一つに、シェーカーがあります。

シェイクする理由というと、

  1. 混ざりにくい材料を混ぜ合わせる
  2. カクテルを冷やす
  3. お酒のカドをとって飲みやすくする

などが、あげられます。

シェイクする時は、できる限り氷が溶けないように、手際よくシェイクします。

空気が混ざって、口当たりを良くする目的もあります。

ミルクフォーマーで泡立てる

京都のバー時代、ブルドッグなどお酒とジュース類の2種類のみのカクテルに、ミルクフォーマーを使ってました。

オレンジやグレフル、パインジュースなどに空気を混ぜることで、口当たりがまろやかになり新鮮な味わいを表現することができました。

パインジュースやミルクは、かなり泡立ちます。

ミルクフォーマーがあれば、ご家庭でも気軽にcocktailを楽しむことができます。

もちろん、お酒も一緒に入れて混ぜても良いですし、それこそミキサーがあれば一瞬ですね。

ただ、口当たりや味わいの好みは人それぞれなので、お酒のパンチが欲しい方には、向かないかもしれません(笑)

 

 

Follow me!