シャンパンモヒート ~ソムリエ行政書士のお酒ブログ~

シャンパンモヒート

記念すべき第一弾は、恵比寿時代にしこたま作った≪シャンパンモヒート≫

グラスシャンパンをメインに提供していました。

良い状態で提供したかったので、グラス用に抜栓するシャンパンの回転数にこだわるために作った記憶があります。

当時は、シェイクしてたかな。。

 

夏と言えば、モヒート♪

ラムとミントとライム!

お好みで甘さを調整して、炭酸を加えるると爽快感がアップしますね!

 

【レシピ】

a.ホワイトラム 30ml

ライム 1/2個

ガムシロップ10ml~お好み or 砂糖2tsp程度

ミント 適量 ※スーパーの1pcだと、多くて5杯分できると思います。

氷 ※市販の氷が理想(かち割り)

b.シャンパン適量 ※aと同量程度

 

①上記をグラスに注ぎ、ミントを軽くつぶしながら混ぜます。

②氷(クラッシュにしても可)をグラスの半分程度入れて、aを冷やす目的で混ぜる

③シャンパンを注ぎ、軽く混ぜる or ストローを2本添えて、飲むタイミングで混ぜる

 

キューバ産のラムが有名で、最近ではスーパーでも手に入ります。

ミントやライムもスーパーで手に入ります。

 

そして炭酸を適量加えますが、その炭酸の代わりにシャンパンを注ぐのが、シャンパンモヒートです。

シャンパンのおいしさを活かすために、シンプルなラムがお勧めです。

シャンパンじゃなくても、辛口タイプのスパークリングワインでもOK

ロゼを入れるとほんのりピンク色になります。

砂糖は、比較的溶けやすいものか、それこそガムシロップを使用すると、簡単に混ぜることができます。

ミントは、軽くつぶす程度で。つぶしすぎると苦みが出てしまうので。

 

これからの季節、BBQで楽しむのも良いですね。

もちろん、飲食店のメニューとして、バーのメニューとして出すのも面白いです。

 

ちなみに、モヒートは、ノンアルコールタイプの提供もできます。

 

 

行政書士としては、飲食店営業許可とバー営業(深夜0時以降)の届出業務があります。

桂自身は、ドリンクメニューのアドバイス、作成なども提供しています。

経営者であるあなたの希望に合わせたメニューの提案もやってますよ~

 

 

Follow me!