【風俗営業許可】

風俗営業とは、キャバクラやホストクラブ、麻雀店、ゲームセンター、パチンコ店などが該当します。風俗営業を行うには、公安委員会の許可を得て行うことができます。

特定遊興飲食店営業はこちら

風俗営業の種類

風俗営業法第2条
  • 第1号営業(社交飲食店、料理店)……キャバレー、料理店、社交飲食店、カフェなどの設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

キャバクラ、ホストクラブ、料亭など

  • 第2号営業(低照度飲食店)……喫茶店、バーその他の設備を設けて客に飲食させる営業。営業所内の照度を10ルクス以下の営業(国家公安委員会規則)
  • 第3号営業(区画席飲食店)……喫茶店、バーその他の設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5㎡以下である客席を設けて営むもの
  • 第4号営業(麻雀店、パチンコ店等)……設備を設けて客に射幸心をそそる恐れのある遊技をさせる営業
  • 第5号営業(ゲームセンター等)
  • 特定遊興飲食店営業(平成28年改正)……ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興させ、かつ、客に飲食をさせる営業(酒類提供)。風俗営業に該当するものを除く。

クラブ、ディスコ、ライブハウスなど

  • 深夜における酒類提供飲食店営業(法第33条)……午前0時から午前6時までの時間において、設備を設けて客に酒類を飲食させる営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供する営業を以外のもの)

バー、スナック、ガールズバーなど

接待行為とは

接待の定義……接待とは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」とされています。(法第2条第3項)

接待の判断基準
  1. お酌、談笑など……特定少数の客の近くに座るなどして、継続して会話の相手になったり、酒等の飲食物を提供したりする行為。
  2. ショーなど……特定少数の客に対して、その客が使用している客室や客室内の一部でダンスやショー、演奏などを見せる行為。
  3. 歌唱(カラオケ)など……特定少数の客の近くに座るなどして、その客に対し歌うことを積極的に勧めたり、手拍子や掛け声、拍手などで盛り上げたり一緒に歌ったり(デュエット)する行為。
  4. ダンスなど……特定の客と一緒に、相手になって踊ったり、客の身体に接触しない場合であっても近くに位置し、継続して一緒に踊る行為。
  5. 遊技(ゲーム)など……特定少数の客と共に、遊技、ゲーム、競技等を行う行為。
  6. その他……客と身体を密着させたり、手を握る等の客の身体に接触する行為。

許可要件について(法第4条)

①場所的要件、②人的要件、③構造要件の全てが満たされないと許可が出ません。

①場所的要件

政令で定める基準に従い、都道府県条例で定める地域内に営業所があると許可されません。

場所的要件 用途地域
近隣商業地域 商業地域 準工業地域 工業地域 工業専用地域 第一種住居地域 第二種住居地域 無指定地域
業種 キャバレー、料亭、社交飲食店 × ×
麻雀店、パチンコ店、ゲームセンター等
深夜酒類提供飲食店 × × × × × ×

※無指定地域は保護対象がなければ設置可能

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、田園住居地域、準住居地域では営業できません。

【風俗営業が制限される地域】
  1. 住居集合地域
  2. 条例で定める学校、病院等の保全対象施設の敷地から100m以内の地域。※用途地域が商業地域であれば、距離制限が緩和されます。
【保全対象施設】※東京都の場合

学校、病院、診療所(入院設備のあるもの)、児童福祉施設、図書館が保全対象施設になります。(各都道府県条例に定められています)

  • 学校(学校教育法1条)

幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校 ※対象となる学校は学校教育法1条に定められたもののみ、専門学校は対象外。

  • 児童福祉施設(児童福祉法7条)

助産施設(1種は病院に含まれる)、乳児院、母子生活支援施設、保育所(認可保育所のみ)、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、児童心理治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センター

用途地域別 保全対象施設別 営業禁止距離
近隣商業地域 ・学校(大学を除く)

・図書館

・児童福祉施設(助産施設を除く)

100m
・大学

・病院(第1種助産施設を含む)

・診療所(8人以上の患者を入院させる施設を有するものに限る)

50m
・第2種助産施設

・診療所(7人以上の患者を入院させる施設を有するものに限る)

20m
商業地域 ・学校(大学を除く)

・図書館

・児童福祉施設(助産施設を除く)

50m
・大学

・病院(第1種助産施設を含む)

・診療所(8人以上の患者を入院させる施設を有するものに限る)

20m
・第2種助産施設

・診療所(7人以上の患者を入院させる施設を有するものに限る)

10m
その他の地域 ・学校

・図書館

・児童福祉施設

・病院

・診療所(患者を入院させる設備を有するものに限る)

 100m
【保全対象設備の有無にかかわらず許可される地域】

近隣商業地域及び商業地域のうち、空賊営業に係る営業所が密集した地域で、特に風俗営業の規制にあたり支障がないと公安委員会が認めて告示する区域では、保護対象施設が規定の距離の中にあっても営業が特別に許可されます。

中央区 銀座四丁目から銀座八丁目
港区 新橋二丁目から新橋四丁目
新宿区 歌舞伎町一丁目

歌舞伎町二丁目(9番、10番及び19番から46番まで)

新宿三丁目

渋谷区 道玄坂一丁目(1番から18番)

道玄坂二丁目(1番から10番)

桜丘町(15番、16番)

②人的要件

【欠格要件】
  1. 成年被後見人、成年被保佐人、破産者(免責を受けていない者)
  2. 1年以上の懲役、禁錮の刑の処せられ、刑の執行を受けることがなくなってから5年が経過していない者
  3. 5年以内に刑法、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律、売春防止法、職業安定法、入国管理法、労働基準法、児童福祉法児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律等で罰金刑を受けた者
  4. 組織暴力団関係者
  5. alcohol、麻薬、大麻、あへん、覚せい剤中毒者
  6. 営業取消の行政処分を受けてから5年を経過していない者、風俗営業の許可の取り消し処分に係る聴聞の期日及び場所が公示された日から当該処分をする日又は当該処分をしないことを決定する日までの間に許可証の返納をした者
  7. 未成年者(ただし相続の場合は例外あり)

※法人の場合は業務を執行する社員、取締役、相談役、顧問等名称のいかんを問わず欠格者がいると不許可になります。

外国人の場合は、申請できる在留資格が限られます。

  • 日本人の配偶者等
  • 永住者、特別永住者
  • 永住者の配偶者等
  • 定住者
  • 経営・管理

※上記以外の在留資格を持つ

外国人は、申請者、管理者共になることはできません。また、従業員として雇い入れることもできません。

③構造要件

1号営業(キャバレー、社交飲食店、料理店)
  1. 客に接待をし、飲食をさせる営業
  2. 客室の面積……客室が二室以上の場合は、一室の客室面積は16.5㎡以上とする
  3. 客室の内部が当該営業所の外部から見通すことができないこと
  4. 客室の内部に見通しを妨げる設備を配置しないこと(およそ1m以下)
  5. 善良な風俗又は正常な風俗環境を害する恐れのある写真、広告物、装飾、その他の設備を設けないこと
  6. テーブル上、椅子の座面上の照度が5ルクス以下(営業所内全て)とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること
  7. スライダックス(調光設備)が設置されていないこと
  8. 騒音、振動を条例で定められた数値以下に維持するため必要な設備、構造であること

風営法による規制・規則

  • 営業時間(午前6時~午前0時まで)
  • 許可業種以外の業務の禁止
  • 照度の制限、騒音、振動
  • 管理者の設置
  • 18歳未満の入場制限、表示
  • 20歳未満の酒類提供拒否の表示
  • 年少者立ち入り制限の表示
  • 18歳未満の労働制限
  • 床面積の制限
  • 料金表示の方法
  • 店舗内が外部から見えない構造
  • 許可証の刑事
  • 公告宣伝の規制
  • 名義貸しの禁止

消防法による規制・規則

  • 防火管理者の設置
  • 防火計画の作成
  • 防火素材の使用
  • 避難経路の確保
  • 二方向避難
  • 避難器具・誘導灯の設置、管理
  • 煙感知器、熱感知器、消化器の設置、制限
  • 停電時非常灯の管理

営業種別による飲食、接待、ダンスの可否

営業種別 飲食 接待 ダンス
1号(キャバレー、社交飲食店、料理店)
2,3号(低照度飲食店、区画席飲食店) × ×
4号(パチンコ店、麻雀店) × ×
5号(ゲームセンター等) × ×
特定遊興飲食店営業 ×
深夜酒類提供飲食店営業 × ×

※△は飲食物の提供は任意。ただし、パチンコ店でのアルコール類の提供は禁止。